Top >>  片山晋呉を賞金王に導いた谷将貴ツアープロコーチによる【ゴルフシンプル理論】  >> ゴルフ ハーフショット 練習法

ゴルフ ハーフショット 練習法

title.gif

シンプルスイング理論で、最も重要なハーフスイング


片山プロもいつもやっていますね。
江連忠プロコーチに指導を受け始めた時に
散々このハーフスイング、ハーフショットの練習をさせられていましたね。


賞金王を4度も獲得した今でも、ハーフスイングの練習は
欠かさずやっているそうです。

江連コーチの流れを継いでいる谷コーチも
やはりこのハーフスイングを、最重要項目にあげています。

そして、片山プロだけでなく、ほとんどのプロ、そしてシングルプレーヤーが
ハーフスイングの練習に力を入れています。

あなたも、
・シングルプレーヤーの仲間入りをしたい
・大きくスコアを伸ばしたい
と考えているなら、ハーフスイングの練習を取り入れましょう。



時計の3時から6時のゾーンを、【ビジネスゾーン】と言います。

ここのゾーンでいい動きができていると、
プロでしたら「稼げる」と言われているんですね。


あなたも、今日から、このハーフスイングを練習しましょう。


ゴルフシンプル理論では、
7番アイアンで、ハーフスイングで、50ヤードくらいの練習をしましょう、
と勧められています。


DVDの中で、一つとってもいいことが教えられています。

ハーフスイングで、50ヤードを打つとき。

ストレートボール、フェードボール、ドローボール、

この3つで理想なのはどれでしょうか??


谷さんいわく、自然と・・・・・・になるのが、正しいハーフスイングだそうです。


私も、早速試してみました!

もともと、私もハーフスイングの練習は必ずしていましたが、
自然と・・・・・・になるように心がけると、
フルスイングでも安定感が増したような気がします^^


ゴルフシンプル理論公式サイトはこちら

katayama.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://xn--eckyaku3l9encz638ac63cjg0d.com/mtos/mt-tb.cgi/12

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

片山晋呉を賞金王に導いた谷将貴ツアープロコーチによる【ゴルフシンプル理論】

関連エントリー

片山晋呉が学んだパッティング(パター)のコツとは?
簡単に打ち分ける高いボール、低いボール
インテンショナルスライス・フックの方法
練習場でできるバンカーショットのドリル
プロのバンカーショットを教えます
ゴルフシンプル理論 レビュー番外編 私の実践記
谷コーチが片山プロに教えたアプローチ方法とは?
谷将貴プロの模範ショット 7アイアンショット
フェアーウェイウッド&ユーティリティを使いこなせたら、スコアは劇的アップします。
片山晋呉がドライバー飛距離を15ヤードアップした方法
プロのドライバーショットを身につける!
ゴルフの基本は7アイアン そして7アイアンから他のクラブへ
7アイアンのフルショット フルスイング
ゴルフ スリークォーターショット の練習法
ゴルフ ハーフショット 練習法
片山晋呉プロのアドレスの作り方
プロが実践するゴルフの正しいグリップとは?
ゴルフ練習場で必ずやるべきこととは?
ゴルフシンプル理論到着!!
ゴルフシンプル理論購入しました!


プロフィール

篠原塾長

ごる猿です。学生時代にゴルフを始め、ベストスコアは72です。
ゴルフ人生の中で、ちゃんと人に教えてもらったことはありません。
全て、本やビデオ、DVD、ゴルフ雑誌からスイングや練習法を学びました。
そのため、ゴルフ用教材については、人一倍詳しいと自負しております。
記事総数: 51
コメント総数: 2
ウェブページ
katayama.gif